2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
空の中
2007.01.08 (Mon)
お正月に読みました。

「空の中」 有川浩

200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。
                 (「BOOK」データベースより)


こんな話です。「海の底」と同じく怪獣モノですが、その怪獣と会話ができるのが大きく違いますね。どうしても少年少女と恋愛は出したくて仕方ないみたいですが(ワラ 
まあ、怪獣モノに少年少女は必須ですからね。と、ほとんど怪獣モノ見たことない高校生が言うのもあれですが。

いろんな読み方ができる作品です。ハリマリンは「怪獣とのコミュニケーション」に惹かれまくっていましたが。
政治的かけひきは少なめなものの、登場人物が基本的に(良くも悪くも)賢いので、洒脱な会話は健在です。



以下感想(ネタバレあり)



【続き・・・】
すでに書きましたが、ハリマリンはとにかく「【白鯨】とのコミュニケーションをいかに成立させるか」っていう部分におもしろさを感じてました。

自分以外に【白鯨】という種がいなかったから集団があってはじめて発生する概念が理解できない。自分以外の【白鯨】が自分と違う意志を持つ矛盾がストレスになる。みたいな、ふだんは想像もしないような思考回路を持つ相手とコミュニケーションをとることの難しさ。その状況で意志疎通を図ろうとしたら幼児を相手にするか、それ以上にタチの悪いまわりくどさを乗り切らなければならない。

いや~、【白鯨】に比べたら人間相手のコミュニケーションなんて余裕だわ、と思いましたね。少なくとも多数決っていう制度を説明する必要ないもの。

下手すると宇宙人より難しい相手と会話し続けたんですから、高巳さんはすごい。っていうか高巳さんをかなり尊敬しましたね、私は。

なんでかっていうと、高巳さんは社会人やってるんですよ。かなりしっかりしたレベルで。自分が社会の中の歯車の一部にすぎないって理解してる。理不尽なことも自分で、もしくは周りにいる人たちにちょっとだけ頼ってきちんと消化できる。でも夢だってなくしていない。むしろその夢との距離や実現する可能性を冷静に把握できているぶん、少年の夢の追いかけかたよりも健康的とさえ思えるんです。

そしてその高巳さんは光希さんが目を殴られたときだけキレました。社会人の行動に「キレる」というのはありません。それは個人の行動です。つまり光希さんには公私混同した態度をとってたとはいえ、高巳さんはあの瞬間だけ社会的な立場をすっとばした、自分の心のままに行動する一人の人間になってたわけです。

自分の行動に他人の意志を混ぜる社会人は、<全ったき一つ>の【白鯨】とは対極な存在なのに、強烈な感情がはたらくと行動は自分だけのためのものになり――つまり<全ったき一つ>、【白鯨】と変わらない存在になる。



そんなふうに考えると、わけわかんない【白鯨】がなんだか近くなった気がしたりして。
スポンサーサイト
記事編集19:02| 小説| トラックバック:1| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
航空機内で携帯電話を使用したため、飛行中に機体が急傾斜したり、高度がずれたりするトラブルが起きていたことが28日、国土交通省の調べで分かった。現在は使用が認められる通信機能付き携帯ゲーム機の影響も懸念され、同省は今夏にも規制を強化する。客室乗務員へのセクハ
2007/03/29(木) 18:14:01 | スーパーサイヤ人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。